脂漏性角化症を治療しよう~早めの受診が大切~

先生

その脚のむくみの原因は

女性

脚の静脈にできるコブです

最近何だか足がむくむ、あるいはだるいという症状が続く時は、下肢静脈瘤の疑いがあります。この下肢静脈瘤は脚の静脈にコブができたり、静脈そのものが目立ったりという症状があり、特に立ち仕事の人や出産経験のある人に多く、また遺伝による発病率も高くなっています。コブといっても良性の物であるため、そのまま放っておいたとしても、特に問題ないことが多いのですが、脚がむずむずしたり、潰瘍ができたりするのが気になる場合は、やはり治療を行うのがいいでしょう。下肢静脈瘤の治療方法は数種類ありますが、最近では特にスタブ・アルバジョン法という、特殊な器具で静脈瘤を切る治療方法があります。多少費用が高めですが、皮膚を切ることなしに静脈瘤を除去でき、しかも痛みが少ないという点で人気があります。

治療方法は様々です

下肢静脈瘤の治療方法にはそれ以外にも保存的治療や硬化療法、手術などがあります。このうち保存的治療というのは、脚のむくみを防ぐために運動やマッサージをしたり、弾性ストッキングをはいたりする方法です。一番お金のかからない方法ですが、根本的な治療方法にはなりません。それ以外には手術で血管を縛る、あるいは引き抜くという方法があります。また、血管を内側から焼き、静脈の働きを止めることで、コブができるのを防ぐ治療もあり、これとスタブ・アバルジョン法を組み合わせることで、より効果的な治療が可能です。また硬化方法といって、静脈に硬化剤を注射して働きを止めるやり方もあります。この方法も、硬化剤と空気を混ぜてフォーム状にすることで、薬そのものの分量を減らしつつも効果が期待できます。

Copyright© 2016 脂漏性角化症を治療しよう~早めの受診が大切~ All Rights Reserved.